肌断食の始め方~間違いなく始めたいですよね~

スポンサーリンク

肌断食の種類??

一口に肌断食と申し上げても
色々な取り組み方があると思います。

・完全な肌断食(宇津木式)
・夜だけ
・週末だけ
・調子が悪くなったら・・・

正直、なかなか、一度に全てを止めて断食する!

というのは状況的に厳しい方が多いのではないでしょうか???
きっかけとしては多くの方が、

産休なり育児休暇に入ったタイミングだったので・・・

とか、

丁度、休職中だったから・・・

と、いずれにせよ、自宅から出ない・・・
とまでも行かなくとも、
外部との接触をあまり持たなくていい時期にはじめられた方が多いと思います。

かくいう私も、
丁度、会社を辞めたタイミングに
肌断食のきっかけとなった洗顔料(プルミエグランという、さっくり申し上げると、塩で洗う洗顔料です)と出会った事が大きなきっかけです。

ですので、
無理することなく、
ご自身のお肌の様子と相談しながら、
進める事をお薦め致します。

肌断食は何にいいの??

基本、肌断食って・・・
化粧品では何をやってもダメな・・・
究極の最終手段だと思って下さいませ。

そういう言った意味ではお肌に関する全ての悩み・・・

毛穴、乾燥、にきび、しみ、しわ

全ての肌トラブルに関して、
改めて見つめなおす機会を得られると思って頂ければ、
と思います。

肌断食 巷にあふれる誤った情報

肌断食・・・

「要は、お化粧、やめればいいんでしょ」

とばかりに始めてしまってヒドイめにあってしまった貴女。
そもそも肌断食って、どうやってやればいいのか・・・

・何が正しいのかわからない
・「いい」という口コミと「悪い」という口コミがある
・若い方はいいけど・・・年を取ると・・・
・化粧もダメなの??
・肌断食をサポートする化粧品がない

などなど・・・

よさそうな気はしますが、
実際には正しい情報が乏しく・・・
個々人にあった成功に導く正しい知識なり
情報が少ない事が問題なんですよね。
そこで、すこしでもここで、
正しい情報を皆様にお伝え出来れば・・・
と思います。

肌断食の失敗例

先のブログにも書きましたが、
肌断食の失敗例として多くは

・がっさがさになった
・角栓がにょっきにょっき
・半端ない突っ張り感
・肌荒れを起こした

というのが、よく言われる失敗例だと思います。
そこで、もっと原因を詳しくみていってみると・・・

肌断食の失敗の原因

① 毛穴の汚れ

水洗顔・泡洗顔(石鹸)での洗顔ですと、
表面まかりで毛穴の汚れがとれません。

毛穴に汚れが残っていると・・・

代謝できないし、乾燥する!!

② 界面活性剤

・合成界面活性剤は生分解されない
・界面活性作用が残る
・化粧品詰まりは取れない

つまり

表面上の汚ればかりで、
肝心な毛穴の汚れが取れない

泡の洗顔(界面活性剤)

・皮脂をとられすぎる
・角質層を壊してしまう

つまり

バリア層を破壊しやすい

そもそも、泡で洗うようになった歴史

お肌に負担をかけず、
毛穴汚れを吸着する・・・

実は、これ・・・
嘘っぱちだそうです。
泡を丁寧に泡立て・・・
泡のクッションで洗うと毛穴の汚れが取れる・・・

そんなの科学的には何の立証もされていないとの事・・・

これも、いい塩梅に化粧品会社の戦略に乗ってしまったようです(^^;

私も、しっかりのっているうちの一人ですし、
洗顔には、泡立てネットを使用し、
しっかり泡立てて洗顔している人間の一人です(^^;

ではどうやって洗えばいいのか・・・
それは最も原始的で太古の昔からあった方法・・・

「塩」で洗う・・・

という事です。
その塩=ソルトでできた洗顔料・・・
毛穴の問題を解決できる唯一の洗顔料が此方の
プルミエグラン

という洗顔料です。

次回、詳しくお話しさせて頂きます。

スポンサーリンク