肌断食を始めるにあたって・・・化粧品の害を考える

スポンサーリンク

化粧品の害を考える

化粧品がお肌に栄養を与える事はありません

先日のブログでもお話ししたように・・・
化粧品はお肌には入っていきません。
つまり、化粧品はお肌にとっては異物であり、
それがお肌のバリア機能をもって阻止されている。

化粧品がお肌に栄養を与える事はないんですね。

だって、お肌がしっとりするじゃない!!

そういう声が聞こえてきそうです。


はい、確かに、化粧品を塗ると、
お肌がもっちり、しっとりしたように感じられますよね。
それは、お肌の表面が潤った・・・しっとりしただけです。

皆様、勘違いしておりますが、
通常のお肌は

サラサラ

です。
赤ちゃんのお肌がベタベタ感満載の
もっちり、しっとりなんてありえませんよね?
全てはそういう事です。普通のお肌は

サラサラ、すべすべ

なんです。
手に張り付くような・・・とか
もっちりひっついて・・・
というのは、化粧品が塗られているからそう思うだけです。

化粧品は異物です(^^;

考えてみて下さい。
化粧品は「異物」なんです。
ですので、バリア機能でガードされ、
肌に吸収しないんです。
そんな化粧品を常に塗っているわけですから、
だんだん肌本来が持っている力を弱めてしまいます。
つまり、どういう事かと申し上げますと・・・

肌の排泄機能を弱めてしまう。

バリア層を破壊し肌理のない固い肌に

そんなバリア機能が破壊された肌は、

毛穴・乾燥・ニキビ・しみ・しわ

が気になるお肌になる・・・
という図式が成立してしまうんです(^^;

化粧品によって代謝が出来ないお肌を作ってしまうという不条理

キレイになる為に、よかれと思ってやっているお化粧・・・
それが逆にお肌をダメにしていたと思うと悲しくなりますね・・・(^^;

化粧品による害

  1. 毛穴が詰まる・・・ファンデーションなどですね・・・
    →皮脂が出ない
  2. 夜の保湿・・・・・夜こそターンオーバーのゴールデンタイムなんです!
    その時に化粧水をはじめクリームを塗るとどうなるか・・・
    →皮脂を出す必要がなくなるため、出なくなってくる

    つまりターンオーバーが出来なくなる

まとめ

だから肌断食は失敗する!

こうなると、今まで何のために化粧品をつかってきたか・・・
一体いくらつかったのか・・・
と思うと泣きたくなってしまいますよね。

とはいえ、泣いてばかりもいられません。
話しを元に戻すと、
今回のミッションは

「肌断食」

です。
こんな状況・・・

つまり、毛穴に汚れが詰まっり放し、
そして、自分でターンオーバーが出来ない・・・

そんな状態で、そもそも肌断食に突入するから失敗してしまうんです。

さて・・・
では、どうしたらいいのか・・・
どんどんお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク